Our Services

新たな脆弱性は日々発見されています。サイバー犯罪が増加する今、定期的にセキュリティ対策を実施することは必要不可欠です。
SPMでは、従来の脆弱性診断では検出が困難だった、インストールパッケージや、システム内部の脆弱性を洗い出し、お客様のシステムに内在するセキュリティリスクを「見える化」します。

OS 情報

システムの基盤となる稼働システム(OS)を確認します。 対象OSについては、FAQをご参照ください。

OS 情報

パッチ適用状況

システムのセキュリティパッチ適用状況について検査します。未適用パッチ情報、内在する脆弱性とそのリスクについて調査します。

パッチ適用状況

サービス情報

システム上で稼働しているプロセスまたはオープンポート(TCP/UDP)について調査します。
(SPM Pro)

サービス情報

システム情報

ハードウェアや、ソフトウェアなどの情報を収集します。
(SPM Pro)

システム情報

その他

スケジューリングタスクや、アクセス制御状況などを確認します。
(SPM Pro)

その他

ユーザ情報

アカウント情報、システムログイン情報や、ユーザログイン情報などを調べます。(SPM PRo)

ユーザ情報

Why Choose Us?

ログイン情報不要

従来の診断と異なり、ログイン情報を開示していただく必要がありません。
(※SPM Proをご利用の場合、ご要望に応じてシステムにログインさせていただく場合があります。)

ログイン情報不要

パッケージ脆弱性診断

従来の診断では発見が困難だった、パッケージに含まれる脆弱性を洗い出すことで、より網羅的な診断が可能となりました。

システムへの負荷ゼロ

こちらから送付させていただく簡易プログラムを実行するだけで診断が可能なため、システムへの負荷がかかりません。

システムへの負荷ゼロ

事前準備不要

他の診断とは違って、お客様に事前準備をしていただく必要がありません。

SPMのカタログは、こちらをクリックしてください。

発見された脆弱性

以下の数字は、今までに報告された脆弱性の数をOS別に記したものです。既知の脆弱性にきちんとした対策を取らずに放置していると、情報漏洩などの重大な事件に繋がってしまう可能性があります。

Windows Server 2012

0

Windows Server 2016

0

RedHat ENT Linux 6

0

Red Hat ENT Linux 7

0

先着50社限定でSPM無償提供中!

2021年2月末までの間、期間限定で先着50社にSPMを無償提供するキャンペーンを行なっています。

よくある質問

Our Clients and Partners